年中行事(平成29年度)

◆ 除夜祭・初詣 (12月31日、1月1日~1月31日)
12月31日(土)
(毎年)
23時 やくよけ除夜祭
  • 厄除祈祷厳修
  • 除夜の鐘つき修行
(前座修行・百八修行・後座修行)
先ず一休さん(小学生)が僧衣をつけて厄除の鐘をつく。次に先着108名が厄除の鐘をつく。その後参詣者全員が厄除の鐘をつく。厄除根本道場では厄除祈祷が行われる。松尾山の「つりがね」は厄除の鐘として知られる。
■住職染筆の干支(丁酉/半紙大)を希望者1,000名に授与
■参拝者全員にやくよけの鐘を撞いていただきます

【臨時バス(送迎バス)】 松尾寺~松尾寺口バス停
(始発)21時30分~(終発)3時45分
1月1日~31日
(毎年)

1日
0時~17時

2日~5日
8時~17時

6日~31日
9時~16時

◎日・祝は
8時~17時

初詣・厄除開運祈願祭
松尾山七福神祭
  • 厄除祈祷厳修
  • 松尾山七福神開扉
  • 大黒天念持仏公開
厄除の寺、松尾山に初詣して厄をはらい(日本最古の厄除霊場)福をさずかる(松尾山七福神)おまつり。

【臨時バス(送迎バス)】
1月1日~3日松尾寺~松尾寺口バス停
(始発)8時~(終発)17時
1月3日(火)
(毎年)
10時 歳旦祭
  • 厄除祈祷厳修
  • 神楽奉納
松尾山神社で行う。(10時~1回)
1月15日(日)
(毎年)
9時~ 左義長(とんど) 神霊石の大岩前、境内中央の護摩壇において行われる。
1月18日(水)
(毎年)
9時 初観音
  • 厄除祈祷厳修
  • 大般若経転読
◆ 厄除けまつり (2月1日~3月31日)
2月3日(金)~4日(土) 3日
8時~17時

4日
9時~17時
節分・立春厄除祭
松尾山七福神祭
  • 厄除祈祷厳修
  • 松尾山七福神開扉
  • 大黒天念持仏公開
厄をはらい(日本最古の厄除霊場)福をさずかる(松尾山七福神)おまつり
〈先着3,000名に松尾山七福神豆(年越豆)を無料授与〉
2月12日(日) 0時~17時 はつうま
厄除観音出現記念大祭
(松尾寺修正会)
  • 厄除祈祷厳修
  • 柴燈大護摩奉修(10時・12時半・15時)
  • 神楽奉納
天平時代の古記録「松尾山縁起」により西暦718年(養老2年)の厄除観音御出現を祝う。すべての厄除を願う参詣者で賑わう。

【臨時バス(送迎バス)】 松尾寺~松尾寺口バス停
(始発)8:00~(終発)17:00
2月24日(金) 5時~17時 二のうま厄除祭
  • 厄除祈祷厳修
  • 神楽奉納
すべての厄除を願う参詣者で賑わう。
3月8日(水) 5時~17時 松尾寺の初午厄除祭
(松尾寺修二会)
  • 厄除祈祷厳修
  • 柴燈大護摩奉修(10時・12時半・15時)
  • 神楽奉納
すべての厄除を願う参詣者で賑わう。
3月20日(祝日・月) 8時~17時 二の午厄除祭
  • 厄除祈祷厳修
すべての厄除を願う参詣者で賑わう。
◆ 厄除け祈願 (4月1日~12月31日)
4月1日(土)~
11月30日(木)
9時~16時 日本書紀編纂 松尾寺創建
日本唯一の舎人親王像 公開
4月18日(火)
(毎年)
9時~16時 松尾山水子観音誕生祭 有縁・無縁の水子の霊を回向し、親と子の健康、長寿を祈る。
※阿弥陀堂にて僧侶が回向する
4月29日(祝日・土)
(毎年)
9時~16時 松尾山お花まつり
満願日
(やくよけ袈裟いただき)
  • 厄除祈祷厳修
釈迦の八相のひとつ誕生仏に甘茶を供えて釈尊の出生を祝福し、その徳にあやかるお祭り。
<参詣者全員に甘茶を無料授与>
13時~14時 舎人親王676年誕生祭 松尾寺開山・日本書記編纂の舎人親王(676年)の誕生を祝う。
伏し拝み伝承地にて散華供養
※ 雨天時は本堂にて行います
5月15日(月)
~6月5日(月)
(毎年)
9時~16時 お花畑(バラ)一般公開 松尾寺のお花畑には世界各国を原産地とする赤・白・黄・黒・ピンク等々のバラが栽培されており、季節の花も楽しめる。
5月中旬
~6月初旬
(毎年)
9時~16時 松尾山の群生サツキ 群生サツキが境内一円に美しく咲く。特に松尾山の古代遺跡「神霊石の大岩」、西国33所松尾山石仏観音(ミニ霊場)、三重塔、十三重石塔、周辺にて楽しめる
7月頃~
(毎年)
9時~16時 ゆり
(カサブランカ)
5000輪以上のカサブランカが境内に咲きます。
7月26日(水)~28日(金)
8月18日(金)~20日(日)
8月26日(土)~28日(月)
各回共に
2泊3日
夏期心身修練教室(一休さん) 僧衣をまとって、松尾山(まつのおさん)松尾寺の山林に囲まれた静かな環境の中で山寺での生活(小僧の体験つまり小坊主修行)を通じて、明るく心身共に健康で知恵のある現代版「一休さん」を社会に送り出す事、強くたくましい思いやりのある優しい日本男児を育てる事を目的とする。
9月1日(金)
~11月10日(金)
9時~16時 秋の寺宝公開
9月1日(金)~7日(木)
(毎年)
9時~16時 松尾山修験道まつり
役行者像特別公開
  • 厄除祈祷厳修
  • 柴燈大護摩奉修(3日 10:00)

先ず松尾山に入峯修行(前座修行)をし、次に古代遺跡「神霊石の大岩」の前、境内中央の護摩壇において伝統の大峯逆峯駈出の柴燈大護摩を修する。(3日)

日本最大の役行者像を公開する。(1日~7日)

山伏問答、前作法
(斧の大儀・法弓の大儀・宝剣の大儀)を行います。

10月1日(日)
(毎年)
10時 松尾山の秋祭
  • 厄除祈祷厳修
  • 神楽奉納
松尾山神社で行う。(10時~1回)
10月4日(水)
(旧暦 8月15日)
18時~21時 松尾寺お月見
(松尾山からの名月鑑賞)
松尾山心身修練道場でライブを楽しみ、境内一円では松尾山からの月見と夜景を楽しんでいただく。
  • 在釜 名水・松尾寺霊泉で薄茶の接待
  • 住職染筆「厄攘」を百名の方に無料授与します。
11月1日(水)~10日(金)
(毎年)
9時~16時 厄除観音奉納書道展書を厄除観音様の御宝前に奉納していただき、出品(奉納)参加者の日々無事を祈願する。
11月3日(祝日・金)
(毎年)
9時~16時 秘仏「厄除観音」特別開扉
  • 厄除祈祷厳修
年に一度秘仏の本尊「厄除千手千眼観世音菩薩」を一般の方に拝んでいただく。
11月15日(水)
(毎年)
9時~16時 七五三詣り(11月中)
  • 厄除祈祷厳修
厄除の寺、松尾山に七五三詣りして子供の成長と健康、心願成就を祈る。おふだや魔よけのでんでん太鼓を授与する。
11月15日(水)~25日(土) 9時~16時 伝承地への紅葉狩り 約300メートルの紅葉・照葉を楽しんでいただき舎人親王伏し拝み伝承地から開山舎人親王と同じく厄除観音に合掌祈願していただく。

※全ての厄除のご祈祷は年中毎日行われます。
※西国三十三所松尾山石仏観音(ミニ霊場)は、めずらしい古代遺跡「神霊石の大岩」を巡ります。
 (納経・納め札は受付に申し込んで下さい)
 行事日以外は毎日9時~16時、予約は不要です。